SCROLL DOWN

  • 生命科学の新しい未来を創っていくBIOプラットフォーム企業、(株)クリッセルです。

    (株)クリセルは、最先端の3Dバイオプリンティング技術を基盤に組織工学と再生医療分野の新たな未来を創っていくBIOプラットフォーム企業です。

  • (株)クリセルの研究開発は、3Dバイオプリンティング技術をベースに生命科学、医療、再生医療分野での革新と発展を導き、持続可能な未来のための研究と革新を追求しています。

    (株)クリセルの研究チームはCelluidバイオインクシリーズを開発し、欠陥のある組織の修理と再生を研究し、個人別にカスタマイズされた足場を製造することを目指しています。 また、オルガノイドと呼ばれる人工的に製作された3D有機物質システムは、医薬品開発、疾病研究、組織工学分野などで多様な応用可能性を持っています。 クリセルの研究チームはまた、誘導万能幹細胞を活用して皮膚細胞および人工皮膚モデルを開発する研究を進めています。

  • 世界初の低粘度生体物質の精密な3次元積層が可能な3Dバイオプリンターを商用化し、その技術力をもとに製品開発と製品領域を拡大しています。

    - 研究用途に合わせて使用できるバイオインク
    - ヒト誘導万能幹細胞(hiPSC)由来のヒト皮膚細胞
    - ヒト誘導万能幹細胞(hiPSC)由来の皮膚細胞使用した人工皮膚

  • Bio Printer

    世界で初めて低粘度生体物質の精密な三次元積層が可能な3Dバイオプリンターの商用化を行いました。

  • Bio Ink

    凍結乾燥された形態のバイオインクで、研究用途に合わせて軟組織から硬組織の製作まで使用可能です。

  • Skin Cells

    人工皮膚製作の必須原料細胞であるヒト線維芽細胞(Fibroblast)と角質形成細胞(Keratinocyte)を安定的に確保し、ヒト皮膚細胞を製品化しました。

  • Artificial Skin

    実際の皮膚と非常に似た形態と反応性を持ち、動物実験に代わって化粧品、薬物の毒性および効能試験、皮膚研究などに使用できます。

Notice

  • (株)クリセル、TERMIS-AP HONGKONG参加
    2023-09-26
  • (株)クリセルホームページリニューアル案内
    2023-09-26
  • [広報映像]革新的な3Dバイオプリンティング技術企業、クリセル2023(ハン/ヤングVer)
    2023-11-10

News

  • 株式会社クリセル、日本動物実験代替法学会参加。。。日本市場進出の土台
    2023-12-13
  • 加川台 - クリセル、3Dバイオプリンター産業の発展「カスタム」
    2023-11-17
탑버튼

TOP